つねかわ歯科(北海道 釧路市) - http://www.118-946.com/

HOME > 部分矯正で虫歯予防

虫歯と歯周病について

部分矯正で虫歯予防

歯列不正があると、歯ブラシの毛先が隅々まで届きません。
そのためプラークコントロール(口腔洗浄)が難しいので、虫歯等のトラブルが起きてしまいます。
せっかく生えてきた永久歯、虫歯にしてしまったらもったいないですね。
そこで虫歯予防の矯正についてご紹介します。

新しい大人の歯が裏側から生えてしまった!


新しい大人の歯が、裏側から生えてきました。

歯列不正があると歯ブラシの毛先が隅々まで届かないので、プラークコントロール(細菌の清掃)が難しく、虫歯等のトラブルが起きてしまいます。


装置は細い「はり金」がバネになっていて、裏側から歯を押して上げるので、表からは見えません。


1、2本であれば、わずか数ヶ月で終了します。

後戻りしないよう、保定と定期観察が必要です。

大人の歯が生える隙間がありません!

大人の歯が生える隙間が無い場合、正常でスムーズな生え変わりが進まず、横から生えてきたり、隣の歯の根にひっかかるため生えてこない状態になることもあります。
詳しくは、「虫歯の悪いサイクルに入ってしまうと」をご覧ください。


大人の歯が生える隙間がありません。

ミニ矯正をして、隙間を広げてあげます。


きれいに並んで生えてくれました。

これで歯ブラシがし易くなります。

このページの上部へ戻る